日常

1/5ページ

【窓】家について勉強してみる①

最近、住みやすい家を建てるために家づくりについて勉強をしています。 勉強といっても本を買って専門知識をゴリゴリ学ぶとかではなく、youtubeですが。 とはいえこのyoutube、コロナ禍で様々なジャンルの講座系の動画も増えており、とっかかりには非常に効率がいいと思っております。 情報を鵜呑みにするのは危険ですが、検索ワードすらわからない状態から脱却するのに重宝しております。            […]

2020年を振り返って

2020年の抱負を振り返って 2020年は公私とも環境が大きく変わった年でした。 年明けの新型コロナウイルスから始まり、引越し、転職などイベントが多くありましたが、年始に考えていた2020年の抱負を振り返っていきたいと思います。                 1.日本一周の旅→無期限延期 2020年は4月に退職し、日本一周の旅に出る計画をしていました。 退職〜転職までの時間を少し開け、3,4ヶ月 […]

日本一周は無期限延期、転職へ

今回、新型コロナウイルス感染拡大により延期していた日本一周無期限延期とし、転職することにした。 応援してくれた家族、友人、前職の方々には申し訳ないが、作戦を変更する。 退職の主たる理由はキャリアアップのための転職であるため、日本一周はついでだ。 この5ヶ月はセミリタイア後のシミュレーションとして割り切り、これからはキャリアアップしてセミリタイアへと近づけていく。 もちろん日本一周も諦めたわけではな […]

コロナ離婚など、そもそもの夫婦観が終わってる

新型コロナウイルスが蔓延し、それに関連づけられる社会現象も多く取り上げられている。 コロナ疲れ、コロナ太り、コロナ離婚、etc… 日頃の怠慢やら何でもかんでもをコロナのせいにしているように思うが、特に醜いと思うのはコロナ離婚である。 なんでも普段いないはずの夫がテレワークなどで家にいるため、妻のストレスが溜まり、離婚にまで発展しているケースが増えていると聞いた。 私はこれを聞いたとき非 […]

勉強は金持ちの道楽である

― 勉強というのは平等な権利ではなく、金持ちの道楽に似た性質がある ― 初めてこの言葉を聞いたとき、私は非常に悔しかった。 私にもお金があれば進学先を変えずに済んだのだと改めて思ったものである。   勉強できる権利はあってもより良い学習環境を作るには金が必要だ。 お金がないとそもそも進学すら許されない。 学費を稼ぐためにアルバイトをしている学生と、親の金で一人暮らしができる学生では勉強に使える時間 […]

投資で得たいものは何か

私が投資を始めて早くも5年目になる。 社会人1年目、新人研修の1日目でこの職場はやばいと思った私は、投資のイロハも知らないまま証券口座の開設を申し込んだ。 幸い配当金という存在は知っていたので、「株 配当金」で検索をかければいわゆる短期で売買を繰り返す投機スタイルではなく、バイ&ホールドの長期投資という答えに辿り着くのは難しくなかった。 (それでも日本株があまり配当を出さないと気づくのはもう少し後 […]

“罰ゲーム”が嫌い

人は何かゲームを行うとき順位や評価をつけ、その結果に応じて何かをさせたがるものである。 順位を付けて競い合うようにした方が盛り上がるし、結果によって何かあるならなおさらだ。 大規模なイベントでは景品や賞金として用意され、盛り上がるためのスパイスとして必要不可欠である。 しかしこれらの報酬は仲間内になると、罰ゲームというものに形を変えてしまうことがほとんどである。 私はこの罰ゲームというものがどうに […]

日記でアウトプットを鍛えようと思う

せっかくブログをしているので、男もすなる日記といふものをしてみむとてするなり。 まあ私は男だが。   普段から感情表現が乏しいタイプなので、日記など小学生並みの感想しか書けないと思い敬遠していた。 しかし無理やりアウトプットを鍛えるためにも、日記というのは毎日書く理由にもなって良いのではと重い腰を上げたわけである。 何を書くかは思いつき、文章構成もバラバラであると思うが、それがどう変化するのかとい […]

医療従事者はやりがい搾取されていると気づくべき

超高齢化社会においていつでも高品質の医療を受けることのできる日本は非常に恵まれています。 ですがその医療を支える医療関係者は、これまでにないやりがい搾取の現状と戦っているのです。 私も医療従事者として働いていましたが、長時間の残業など変わらない働き方、上がらない給料など、求められる社会的役割に対して待遇は良いとは言えません。 そのため不満を抱えながら仕事を続けたり、短期間での離職や慢性的な人手不足 […]

エレベーターが嫌いな人とは?マイノリティな心理を解説

皆さんが日頃使っているエレベーター。 乗ってボタンを押すだけで高いところに登れる、とても便利な装置です。 階段を使うより早いし楽だし使わない手はないですよね? ですがこのエレベーターをあまり好きではない人もいるようです。 今回はそんなマイノリティな人の考え方を解説していきます。     1.閉所恐怖症 エレベーターの中はあまり広いものではなく、密室です。 ドアが一つしかなく閉じ込められている感覚に […]

1 5