【手取り20万でも】お金がないからこそ投資をするべき

【手取り20万でも】お金がないからこそ投資をするべき

こんにちは。久米です。

社会人1年目で投資を始めた私ですが、3年経つ今なお、周囲に投資をしている人はいません。投資の必要性は感じつつも、お金がないという理由が多数でした。

お金がないからこそ投資を

私がなぜ投資を始めたのかというと、お金がなかったからです。

お金がないからこそ増やしたい、増やさなければ一生社畜で人生が終わる。そんな危機感から投資を始めた私は、給与の余りを全て投資に回すようにしました。

当時の手取り17万円のうち、家賃光熱費とスマホ代で7万円、食費と日用品に3万円。毎月3万円の積立投資信託と、残りは4万円で貯まったら個別株を買うといった感じでした。

投資信託の積立であれば、毎月100円からでも可能なので、かなりハードルは下がるかと思います。

投資への1歩目を踏み出そう

月に100円なんかじゃ投資していないのと変わらないと思いますか?ですが、とりあえずやってみることで投資自体への抵抗を少なくすることも大事なのです。

一歩目を踏み出してしまえば、あとは意外とトントンと動くものです。大抵の疑問はネットで解決できる時代ですしね。

時間は投資をする上での最大の武器となるので、とにかく早いうちからコツコツ積み立てるのが肝心なのです。

たった1年でも投資を始めた人と始めなかった人では意外なほど差が生まれることがありますよ。

配当金で投資のモチベーションを保つ

手取りが20万円となった現在は投資信託の積立ではなく、配当金目当ての高配当米国株にシフトしています。

毎月10万円前後は余裕資金が生まれるので、2か月分ほど貯めてから個別株もしくはETFを買付ている感じです。(10万円分だと手数料が割高になるため)

米国株は基本的に四半期配当ですので、3か月に1回の年4回の配当が行われます。私は配当時期の異なる複数の企業に投資することで、毎月配当金が得られるようにしています。

毎月振込まれる配当金は、私の手取りを疑似的に昇給させているのと同じですし、地道に投資を続けるモチベーションにもつながります。

米国株へシフトしてまだ1年ちょっとですが、最初は約300円だった配当金が毎月約7000円もらえるようになったのは、地道に積み立ててきた結果です。

 

まだまだ自慢できるような額ではないですが、少額でも投資をするだけで思ったより効果を実感できると思います。

まだ投資をためらっている人は、これを機に初めの一歩を踏み出してください。