【3月28日〜4月1日】米国株短期トレード 取引記録【2022年】

人生設計

3月28日 SFMを買付、売却

SFM日足チャート

今週はまずSFMを32.78ドルで390株購入。

ボリンジャーバンド上限の34.00ドルまで上昇すると予想し、損切りは32.41ドルに設定しました。

しかしその後下げが続いて損切りラインの32.41ドルになったためルールに従って損切りとなりました。

損益は手数料含めて-188.3ドルで終了。

振り返ってみるとストキャスティクスRSIが少し傾斜がなだらかになってきており、下げに転じるサインだったのかと思います。

          

スポンサーリンク

          

3月28日 XLEを買付、3月29日 売却

XLE日足チャート

続いてXLEを76.8ドルで165株、マーケット終了直前に購入しました。

ストキャスティクスRSIで売られ過ぎとなった後、20を超えて買いに入ったと思いエントリーしました。

79ドル付近まで上がる予想で、損切りラインは当日安値の76.21ドルに設定。

しかし翌日には大きく下げた株価からはじまり、そのまま上がる見込みが感じられなくなったため74.6ドルで損切りしました。

損益は手数料込みで-407.00ドルとなりました。

3月30日 ERXを買付、売却

ERX日足チャート

次はERXにエントリー。

こちらもストキャスティクスRSIから買いが続くと予想し購入しました。

57.128ドルで150株を購入して損切りラインは55.71ドルとしています。

60ドル付近まで上がる想定でしたが思ったより買いが進まず、このまま下げそうであったため56.76ドルの終値で損切りしました。

損益は手数料込みで-99.2ドルです。

今回のトレード損益まとめ

・SFM:-188.3ドル

・XLE:-407.0ドル

・ERX:-99.2ドル

・XLV配当:+13.85

・VDE配当:+32.31ドル

・Total:-648.34

今週は-694.5ドル、先週のトレード銘柄からの配当金を含めると-648.34ドルと大きく負けてしまいました。

どれも思ったより買いが進まず振り返ってみると下げ始めでエントリーしてしまっています。

また、マーケットが開いてすぐの値動きが大きい時間帯に一時的に株価が上がったところで買ってしまっています。

上がると予想してエントリーするわけですからできるだけ安く仕入れたいという欲が出てしまい、相場が始まって上げ始めた段階ですぐに飛びついてしまったのが特に大きな敗因と思っています。

来週は反省を活かしてしっかり押し目を判断する、中途半端な予測で買いに行かないということを意識していきます。

私が参考にしているこちらの書籍にも厳し目の条件でスクリーニングしているとそこまで頻繁に買うタイミングは来ないと書かれてあります。

しっかり待って負けないことを重視したいですね。

          

You only live once. 全力を尽くしましょう!

          

          

関連記事もどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました