家電が壊れても自分で修理しちゃだめです!ついでにその理由

家電が壊れても自分で修理しちゃだめです!ついでにその理由

こんにちは、久米です。

 

先日母よりLINEが来まして、”掃除機が壊れた!” だそうで。

なんとなく修理できそうなので、久しぶりの実家へ帰省をしてきました!

 

掃除機ですしね。分解してもそんなに危なくないでしょう。(知らんけど)

 

Advertisement

 

まずは現象を把握

まずはどんな状態か把握しないとなにも始まりませんね?

 

問題の掃除機ですが、触ってみた感じスイッチ部分が確実におかしいなとわかりました。

なんせスイッチが軽すぎる!

絶対スイッチ動いてないじゃんってレベルです。

 

その時にはすでに新しい掃除機を買ってしまっていたので、壊れてもいいやとそのまま分解して修理にとりかかりました。

分解→修理

持ち手にスイッチがあるタイプだったのでカバーを外し修理箇所を発見。

可変抵抗を操作して、切・中・強と切り替えるようなものでした。

 

今回はその可変抵抗を操作する部分の破損、単純にプラスチックが割れただけ。

直に可変抵抗を操作したらちゃんと動きましたしね。

正直作りが安すぎでは? ノーブランドだしこんなもんですかね?

 

ともあれ瞬間接着剤で修復し、無事修理完了!

まあ修理というほどのものではないですけどね。

 

掃除機を直したという話でした!

分解は基本NG!

今回はこうして修理できたわけですが、基本的に電化製品の分解はNGです

 

なぜならメーカーの保証が効かなくなるからです。

メーカー保証は正しい使い方で壊れたという前提がありますので、分解をしてしまうと受け付けてくれなくなってしまいます。

改造しようとして壊した可能性がありますからね。

 

まあないとは思いますが、冷蔵庫や電子レンジが壊れたら自分で直そうとせず、素直に修理に出しましょう。

 

別に直らなくても構わないものなら自己責任で。

確実に直したいものなら、下手に手を出さずメーカーに任せましょう!

 

それではまた!