バス釣りのルアーを海釣りで使えるのか

バス釣りのルアーを海釣りで使えるのか

こんにちは、久米です。

 

最近職場の同期が釣りに目覚め、私も便乗して釣りを再開しようかと思っています。

とはいえ山育ちの私がやっていたのはバス釣り。

道具は一式置いてあるものの、海釣りに流用できるのか?

 

今回はそのあたりを調べてまとめてみました。

 

Advertisement

 

ロッド

流用可能っぽい。

バス釣りのロッドを海釣りで使っても問題はない感じですね。

 

バス釣りのロッドは価格帯が安めのこともあって、初心者のうちはこれで十分なようです。

欠点としては長さが短いことだそうで、仕掛けを遠くに落とせないほか、磯釣りで根がかりしやすいみたいです。

ですが短いぶん投げる位置をコントロールしやすいので、ルアー釣りならそんなに問題ではないようです。

錆びないように使った後の手入れを忘れないようにしましょう。

リール

つづいてリールはどうなのか。

こちらも流用できそう。ただしロッド以上に手入れをしっかりしないと海水で錆びたり、塩を噛んでギアがダメになる恐れがあります。

 

特にベイトリールは構造的にギアに塩が噛みやすいみたいです。

私の持っているリールはベイトリールですので、アフターケアをしっかりしないとだめですね。

 

淡水用と海水用の違いとしては防錆の有無ぐらいっぽいです。

基本的な性能は変わりないので、錆びないようにメンテナンスをしっかり行ってください。

ルアー

最後にルアーです。

一口にルアーと言っても様々な種類があるのですが、結構流用できそうです!

 

まずはクランクベイト。

こちらは根がかりにくいので岩場などを攻略するのに使えるみたいです。

ターゲットとしてはチヌやシーバスが釣れるみたいですね。

 

続いてスピナーベイト。

これが一番期待できそうですね。

狙える魚はシーバスやアイナメなどで、ヒラメを釣っている動画もありましたよ!

 

お次はバイブレーション。

どうやらバイブレーションは海釣りでも定番のルアーのようで、そのままの感じで使えそうです。

トップウォーター系が多いバス用ルアーですが、シンキングタイプのバイブレーションであれば深い場所の魚も狙えそうですね。

 

もちろんルアーも使った後は錆びないように真水で洗ってください。

まとめ

というわけでバス釣り一式をそのまま海釣りへ流用できるかでしたが、すべて問題なさそうです!

ただし、錆びさせないことが前提ですので、丁寧なメンテナンスが必要ですね。

あとはどんな魚が釣れるか、いろんなルアーで試してみたいと思います!

 

それではまた!