【Life is only once】自分の人生は自力で拓く

【Life is only once】自分の人生は自力で拓く

お金が欲しい、そうぼやいている人は数多くいます。ですが、そう嘆く人の何割が実際にお金を得るための手段を講じているのでしょうか。

私の職場でも休憩時にはそういった話になることが多いですが、最終的には宝くじを買うといったような運否天賦な話に落ち着き、具体的に今を変える方法については一切議論されません。

確かに一攫千金は多くの人が夢見るものですが、運を手にするまで今の生活を我慢し続けるのでしょうか。

人生を変えたいなら自ら動け

ほとんどの人は新卒で就職しその職場で定年まで働く、それが社会人としての義務。というのが常識であると思っているでしょう。もはや洗脳と言っていいレベルです。

無駄に遅くまで働き、無駄に人間関係で気を遣い、頑張っても上がらない年功序列賃金で働き続ける。

こんな社会人の常識(笑)が自分の送りたかった人生なのでしょうか。みんなそうなんだからという言葉をよく耳にしますが、これでは思考停止状態です。

疑問に思ったのなら何かしら行動すべきです。転職を考える・副業や副収入を検討してみるなど、少し調べてみるだけでぐっと視界は開けます。

とにかく自分が動かないと現状維持のままです。凝り固まった固定観念は捨てましょう。

人生一度きりです。自分を豊かにできるのは自分しかいないのです。

副収入は悪ではない

最近では解禁の流れが出てきましたが、私の職場では依然副業禁止の規則があります。そのためか副収入もアウトのような扱いを受けることがあります。

というより本業以外で収入を得るのはせこい、という謎の価値観さえ存在します。

確かに、同業他社との副業で不正行為をしたり、本業に支障をきたすレベルはアウトでしょう。しかし、そうでなければサラリーマンの副業は禁止されるようなものではないと思います。

今の時代、本業一本に収入を頼ることはリスクに思えます。資産運用による不労所得や、自宅でできるインターネットビジネスなど、収入を得る手段を複数持っておくほうがいざという時のリスクヘッジになります。

本業をクビになって路頭に迷うこともないですし、単純に収入が増えることで人生の選択肢も増えます。

ましてや不労所得であれば、何も後ろ指をさされることではないのです。

副収入は悪ではありません。むしろ人生設計を考えれば考えるほど、必要であると気づくはずです。

周囲の価値観に惑わされるな

普通に生活していると、ただ働いているだけでどんどん時間は過ぎていきます。仕事・お金に関しての価値観は前時代的のままアップデートされないでしょう。

周囲の考え方に合わせるのは楽ですが、一般的な社会人像から抜け出すのは困難です。

ですが、その社会人の常識が自分を幸せにするのか今一度考えるべきだと思います。

長年の刷り込みによる洗脳から覚めたとき、行動せずにはいられなくなります。

年をとって後悔しないためにも、自分の価値観をしっかりもって自分の人生を歩んで下さい。