【5月9日〜13日】米国株短期トレード 取引記録【2022年】

人生設計
SPX日足チャート

こちらが直近のS&P500の日足チャートです。

今週に入って一段下げましたね。

先週までは4100ドル付近が反発ラインとかな?という動きでしたが、週明け月曜日からそれがやぶられました。

週の前半は4000ドル付近で横ばいの動きが多い印象でしたが、水曜日から木曜日にかけて3850ドルあたりまでぐっと下げました。

金曜日は大きく陽線となり4000ドルのラインまで戻しています。

5月10日 TECSを買付、11日 売却

SPX15分足チャート

上図は今週のS&P500のチャートです。

今週は9日月曜日に4000ドルを下回り3960ドル付近で反発。

10日火曜日にも4000ドルを下回ってきたため、3960ドル付近までは下げるだろうと思いTECSをエントリーしました。

TECS15分足チャート

こちらは今週のTECSのチャートです。

5月10日にS&P500が4000ドルを下回った45.7ドルでエントリー。

チャートの時間軸が日本時間なので、11日になる少し前にエントリーしています。

9日の高値で47ドルちょっとまで上げていますのでここまでは上げると予想しました。

その日は47ドルには届きませんでしたが、翌11日(チャート上で12日前〜)は再びS&P500が下げ相場。

3960ドルに近づいたタイミングで反発の可能性も考え利益確定しました。

46.9ドルで確定したため手数料などを引いて+136.0ドルの結果となりました。

実際にはその後も12日木曜日にかけて大きく下げていますので、8ドル近い値幅をとれたということになりますが負けないことが重要と思っています。

頭と尻尾はくれてやれという格言があるように、深追いせずに利益を重ねていくスタイルを守っていきます。

You only live once. 全力を尽くしましょう!

関連記事もどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました