大阪から上高地までの行き方をまとめてみた

大阪から上高地までの行き方をまとめてみた

日本屈指の山岳リゾートとして人気の上高地。

長野県の西部にあり雄大な自然を満喫することができますが、マイカー・電車・バスを乗り継ぐため行き方が少々複雑です。

そこで大阪から上高地へのアクセス方法をまとめてみました。

 

Advertisement

 

上高地エリア

まずは上高地の場所について。

https://www.google.com/maps

地図で見ると、岐阜県と長野県の県境に位置していますね。

 

マイカーを使う場合

まずはマイカーを使う場合です。

年間を通しマイカー規制がされているため、沢渡駐車場またはあかんだな駐車場に止めることになります。

沢渡駐車場が長野より、あかんだな駐車場が岐阜よりとなっていますが、所要時間はそれほど変わらないと思います。

 

梅田→沢渡駐車場でルート検索

阪神高速(守口IC始点)から飛騨清見ICまでで料金を検索してみると、

  • 阪神高速:守口~豊中
  • 名神高速道路 :豊中~一宮JCT
  • 東海北陸自動車道 :一宮~飛騨清見

のルートでETC料金が5930円で一番安いようです。(上記google mapで4時間50分のルート)

飛騨清見から沢渡駐車場までにも中部縦貫を通り、ETC料金で540円かかりますので、合わせて6470円となります。

 

二つ目の5時間19分のルートですが、

  • 阪神高速:池田~豊中
  • 名神高速道路:豊中~(京滋バイパス経由)~小牧
  • 中央自動車道:小牧~中津川

のルートでETC料金4900円です。

こちらのほうが料金は安いですが、一般道の区間が長いため時間がかかってしまいそうですね。

 

ちなみに駐車場は一日600円でそこからはシャトルバスを使うか、もしくはタクシーを利用する事になります。

シャトルバスは上高地まで約30分ほどで片道1250円、往復割引で2050円の様です。

 

大阪からマイカーで上高地に行く場合をまとめると、

  • 高速代:4900~6470円/片道
  • 駐車場代:600円/日
  • シャトルバス:往復2050円

往復の交通費で12450~15590円かかりそうですね。時間も5時間30分以上はかかるのではないでしょうか。

 

高速バスを利用する

http://sawayaka.alpico.co.jp/area/kamikochi/osaka/

大阪から上高地まで直通の”さわやか信州号”というものが運行している様です。

毎日一本だけ、21時30分に大阪発の夜行バスみたいですね。

翌朝の5時20分に上高地に到着となっています。

帰りは15時40分上高地発で、22時25分に大阪に到着します。

 

料金は繁忙期で大人8900円、子ども(小学生)4450円となっています。

ネット予約もできるみたいなので便利ですね。

新幹線を利用する

おそらく新幹線が一番スタンダードな交通手段だと思います。

  • 東海道・山陽新幹線:新大阪~名古屋 約50分
  • 特急しなの:名古屋~松本 約2時間
  • 松本電鉄上高地線:松本~新島々 約30分
  • バス:新島々~上高地 約1時間

でありトータルで4時間30分ほどです。これに乗り換え待ちなど含めると5時間ぐらいでしょうか。

 

交通費ですが、新大阪~松本まで一本で購入すると10810円です。

新幹線と特急しなのを分けて購入すると割高ですので注意してください。

松本電鉄は松本~新島々で700円、新島々から上高地までのバスが2450円となっています。

また、新島々駅の清算窓口で松本までの乗車券を見せると、上高地までの往復バスチケットが4550円で購入でき、少しお得になるそうです。

 

料金をまとめると、

  • 新幹線・特急しなの:10810円(指定席)
  • 松本電鉄上高地線:700円
  • バス:2450円

合計で片道13960円となります。

少々値が張りますが、早いし疲れない・時間調整も簡単ですので、電車を利用するのが一番安定ではないでしょうか。

上高地の雄大な自然を楽しみましょう!

というわけで、今年の夏に上高地に行こうと思ったので移動手段を調べてみました。

少し時間をかけた旅行になりますが、今から楽しみです!

帰ってきたら体験レポートをまとめようと思いますので、よろしくお願いします。