投資で得たいものは何か

投資で得たいものは何か

私が投資を始めて早くも5年目になる。

社会人1年目、新人研修の1日目でこの職場はやばいと思った私は、投資のイロハも知らないまま証券口座の開設を申し込んだ。

幸い配当金という存在は知っていたので、「株 配当金」で検索をかければいわゆる短期で売買を繰り返す投機スタイルではなく、バイ&ホールドの長期投資という答えに辿り着くのは難しくなかった。

(それでも日本株があまり配当を出さないと気づくのはもう少し後である)

そもそも今の日本の働き方が合わないと感じていた私は、配当金生活が目標であったし、自分にあった投資スタイルに早々に出会えたと思っている。

 

Advertisement

だが一口に長期投資といっても人によって重視するものは違うし、自分が投資で得たいものは何かを明確にしておかなければ、投資を辞めてしまうことになりかねない。

投資を行う人のほぼ全員の目的は自己の資産の最大化であると思うが、その理由は人によってかなり異なる。

私の場合は自分の時間を最大にするべく経済的自由を目指しているので、資産総額よりも配当金額が重要であるが、とにかく資産総額を増やすことが最重要の人もいるだろう。

 

私は配当金で生活費を賄うことが第一であるので、極端な話、たとえ資産総額が目減りしていても配当金さえ維持されていれば良いのである。

他の記事でも何度か書いているが、不労所得発生装置として株を買っているので、現在の評価額など気にしておらず、はなから無い物とさえ考えている。

とはいえこの考え方は一般的では無いようで、大多数の人は現在の株価を気にしてしまうし、資産が目減りすることに耐えがたい苦痛を持つ人さえいる。

もちろん私も資産増大を第一としていた場合、配当金など無い銘柄の方が効率が良いと考えていただろう。

配当金にはその都度税金がかかるし、その分リターンが悪くなってしまうようである。

それでも私が配当金を最重要視しているのは、仕事の時間を減らして自分の時間を最大化することが投資の目的だからである。

 

今では情報が手に入れやすくなったと同時に、自分とは異なる考え方も目に入りやすくなっている。

twitterなどで投資方針についてぶつかり合っているのを見かけることも多い。

どの方法がリターンを最大にするかなどの議論は必要であり建設的であると思うが、個人の投資方針に関して批判をすることは大きなお世話である。

投資方針は目的によって変わって然るべきであるし、何より自分に合った方法で投資を続けていくことが一番大切なのではないだろうか。

自分と異なる意見に惑わされて投資自体を辞めてしまわないよう、自分の投資の目的は何なのか、軸をしっかり持っておきたい。